鈴木政次は現在何をしている?プロフィールまとめ【ガリガリ君開発者】

アフィリエイト広告を利用しています

エンタメ

鈴木政次は現在何をしている?プロフィールまとめ【ガリガリ君開発者】

年間4億本売れている国民的アイスのガリガリ君の育ての親である鈴木政次さん。

鈴木政次は現在どのような活動をされているのでしょうか。

こちらの記事では、鈴木政次さんが現在何をしているのかやプロフィールをまとめています。

鈴木政次は現在何をしている?

鈴木政次さんは2018年3月に赤城乳業株式会社監査役を退任し、現在はM.ソリューション代表として講演・執筆などをされています。

2016年には『スーさんの「ガリガリ君」ヒット術』という本を出されていますね!

鈴木政次|プロフィール

鈴木政次さんのプロフィールをまとめています。

鈴木政次プロフィール

  • 鈴木政次 すずきまさつぐ
  • 1946年 茨城県出身
  • 1970年 東京農業大学農学部農芸化学科 卒業
  • 東京農業大学農学部農芸化学科卒業後、城乳業株式会社に入社

鈴木政次さんが開発を担当されたアイスはこちら👇

  • ガリガリ君
  • BLACK
  • ガツン、とみかん

鈴木政次|ガリガリ君誕生秘話まとめ

ガリガリ君は1981年に価格は1本50円で販売が開始されました。

もともとカップの「赤城しぐれ」を片手で食べられるようにする、というのが開発テーマだったとのことで、しぐれをスプーンでかくときに「ガリガリ」と音がすることから『ガリガリ君』という名前になったようです。

商品名が「ガリガリ君」なら、それに見合ったキャラクターが欲しいという理由から生まれたのが、イガグリ頭と大きな口が特徴の「ガリガリ君」。“昭和30年代のガキ大将”をモチーフに社内でデザインしたキャラクターで、中学3年生の設定だった(現在は小学生)。子供を対象にした商品でオリジナルキャラクターを作るのは珍しくないが、わざわざレトロ感漂うガキ大将を選ぶところが、赤城乳業独特のセンス。一般的に考えればもっと可愛らしいデザインにしたいところだが、それではインパクトが足りない。後年、商品づくりや販促における“外し”の感覚は赤城乳業のお家芸のようになってくるが、その出発点が「ガリガリ君」のキャラ設定にあるのは明らかだ。
更に子供にワクワク感を抱いてもらうため、当たりくじを付けたのも大きな特徴。子供にとってその場でもう一本もらえる喜びは、ことのほか大きいのである。

引用元:COMZINE

夏に食べたくなるアイスの定番であるガリガリ君。

現在では年間4億本売れている国民的アイスとなっていますね。

まとめ

こちらの記事では、鈴木政次さんが現在何をしているのかやプロフィールをまとめました。

現在でも愛されているアイスを開発された鈴木政次さんは現在は赤城乳業株式会社監査役を退任され、講演・執筆などの活動していることが分かりました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングでフォロー

-エンタメ

error: Content is protected !!